《弊社オリジナル製品》


■強度計算ソフトウエア(NSAS)


公共の道路標識を設置するためには、管轄の公的機関に対して、設置する標識及び基礎の強度算定結果 を提示しなくてはなりません。弊社NSAS(NTS Strength Analyze System:エヌサス)により、この要件を満たす 計算結果を素早く得ることができます。NSASは6年以上の歳月をかけ開発し、現在もバージョンアップ及び改良を 続けています。 (プログラムの概要《画面遷移の例》はこちら)


    ●NSASに対する弊社のスタンス

弊社の標識を採用頂いた公的機関並びにお得意様に対してNSASによる強度計算書を無償にて提供させて頂いておりますが、有償にて強度計算書のみの対応も行っております、御気軽にお問い合わせください。また年間のご契約に基づく当ソフトウエアの有償提供も検討しております。詳細に関しましては電話(086-241-5705)又はメールにてお問い合わせ下さい。

    ●NSASの特長

    ・充実した標識柱・基礎対応

NSASは単柱、複柱、オーバーハング柱、逆L型柱、F型柱、T型柱、アーチ型柱、門型柱およびそれぞれのケーソン基礎、直接基礎、杭基礎(1本、2本杭) など、ほとんどのケースに対応できます。また、梁や主柱への共架標識の計算を含むことも可能です。国土交通省の標準的な構造に加えて、テーパー柱主体の近畿仕様もサポートしています。更に標識板の厚さの斜風時対応や単位重量の異なる標識板のサポートなど幅の広い対応が可能となっています。

    ・強度計算書、構造図、材料表が極めて短時間で得られます

国土交通省の標準的な数値データがインプットされており、標準からの変更分を指定するだけで強度計算書、構造図、材料表をプリント出力できます。慣れると数分程度でそれらの結果を得ることができます。特に門型など大型の柱の場合は、従来CADなどで多くの工数を要しておりましたが、ターンアラウンドタイムの大幅な短縮が可能となりました。またインプットされたデータで自動的に構造図を得るため、数値と図が違う寸足らずの発注をかけるなどの人為的ミスを排除できます。

    ・印刷物と全く同じ内容を画面で確認できます

構造設計を行う段階で、特に強度計算書を得るときにデータの入れ間違いなどによって何度もプリントしなおして多量の用紙を消費することが意外と多く見受けられます。NSASでは実際にプリントされるものと全く同じ内容を画面で確認できるため、無駄な用紙を消費することがありません。またいくつかの構造(基礎など)をカットアンドトライするときでも迅速に行うことができます。

    ・融通がきき、互換性にすぐれたファイルを生成します

NSASではプリンタに出力した内容が、世界中で使われているアドビ社のイラストレータで扱えるポストスクリプトと呼ばれるファイルにも出力されます。このためNSASから得られた図や表を自由自在に編集することができます。また、イラストレータの機能を併用することでPDF形式、DXF形式、AI形式、EMF形式、JPG形式など多くのファイル形式に対応でき、インターネット上でのサービスにもベストな対応が可能です。電子メール等による配布にも最適です。なお、住友スリーエム社ダイヤモンド・カッティング・システム(DCS)/VEGAとも互換性があり、標識レイアウトを構造図に埋め込むことも可能です。

    ・美しい計算書や図・表

画面やプリント出力される文字は、いわゆるアウトライン・フォントが使われます。また多重カッコやルート記号などの数式も理想的な表現を用いています。このため計算書や図・表はそのまま製本印刷に出せるほどの極めて美しい出力が得られます。従来にない高品質出力により、高い信頼感を提供します。

    ・容易な操作性

どなたでも容易に扱うことができるようにWindowsでおなじみのウイザード形式を採用しています。このため本来めんどうな指定も比較的簡単な操作で行えるように設計されています。また、梁・柱、フランジ、ベース、基礎などそれぞれのステップごとに、印刷イメージを画面で参照したりプリントすることができるため、ミスが少なく効率のよい設計が可能です。


 次ページへ進む

TOPへ戻る

Copyright (C) Nippon Traffic Safety CO.,LTD. All Rights Reserved.